2017年6月24日土曜日

ガレージ遊びはしばらくお休み

明日からしばらく旅に出るので
おやすみです

クッシュマンはやはりかかりが悪くて
火は出ているのにフラマグではダメで
バッテリー点火でかかりましたが

もう少し頑張らねば
JDはドレンの油漏れも止まり
いい感じです

でも、夏が来るからね

ボチボチ走ってみようかと


2017年6月20日火曜日

Cushman

さてさて
エンジンかかりましたぜ!

途中の話や写真があると良かったんだけど

イロイロあって

働き者のonjiさんのおかげもあって

なんと!!

フラマグも復活

やはりちょっと回るだけでも着磁出来るんだな

しばらくはいつでもバッテリー点火に出来る様に
配線はそのままにしておいて

試乗も直近

かな?!

2017年6月19日月曜日

久々Cushman

この何日かは
JDで遊んでいてクッシュマンのことは考えなかった

ずいぶん頭も冷えたので
少しだけ頭も回りました

まずはコイルのチェック
コイル単体のチェックはして無かったな

チェックってバッテリー繋いで火が出るかどうかね

普通にバチバチ出ました

って事は
ポイントからの信号線でアースが取れてないってことね

で、また重いカバーを外して

色々チェックチェック
納得は行かなかったけど
この青い線が悪さしていたみたい
これは磁力が回復したらフラマグ点火にできる様に
スイッチを付けたものなんだけど

この辺のアース不良

って事で
多分出来るけど

始めるのが遅かったんで
また明日、、かな

2017年6月16日金曜日

ドレンボルト

今日ガレージに降りたら
こんな状態でした

そして
引っ張り出して見たら

もう落ちそう!!

シールテープで誤魔化していましたが
もうダメです

ガッタガタです
うっすらネジ山はありますがね

さて、、

どうしたものか?
3/8x16なんですがね
7/16x16なんてボルトもWLのヘッドボルトかな
こんなタップがあれば、、だけどね

色々ネジを引っ張り出して検討して見ましたが

やっぱりヘリサートかな
ヘリサート箱をみたら
細目しかありません

粗目のヘリサートを手に入れるって言うのも

今日はやめて
1日頭を冷やそうとも思いましたが

ステップを外して
覗いているウチに

やっちゃえ〜〜
ガッチリ締まりました

とさ

2017年6月15日木曜日

JDに高級オイル

先日ちょっと長く走った時に
ウチに着く寸前にはヒートっぽくなっていたので
少しでも良くなればと
あたしにしては思い切って
高級オイルを投入することにしました

さ、投入です!

走って見ましたが
ま、良くはわかりません

でもリアパイプからしばらくすると煙が出ていたのが
出ない気もします
まだ分かりません

ジャパドラに行って見たんですが
長い信号待ちで
回転が落ちます

プラグを診て見たら焼けすぎ
そんな訳ないので

パーコレーションを起こしている可能性も
あるかな?

それよりも
ジャパドラから帰る時

オイル漏れを発見

ドレンからです

ちょっとネジが傷んでいるのが気にはなっていたんですが

帰ってからの写真です

ポタポタ出ます
200ccアッと言うまに無くなります

ヤベッす

2017年6月14日水曜日

コイルは来たが

コイルがいっぱい揃いました

ですが
まず期待の新人
モンキー用6vコイル
線が一本しか出ていない
配線図をみたら、、ジェネレーター内にポイント、コンデンサーがあるとか
電源を入れるところが無い訳です
と云うことで沈没

そして
onjiさんがまた持って来てくれた
キャラバンのポイント用のコイル

早速繋いでみましたが
やはり火は出ません

結局前に貰っていた物も同じだった様で
抵抗値を見たら全部同じ

って事は
コイルのせいじゃ無かったって事か?

で信号線(ポイントから引っ張った線)を疑って
テスターを改造してポイントが開いた時に数値が変わるかチェックして見ました
写真は5になっていますが
閉じているときはほぼ”3”
開くと
"9"になってます
数字の大きさはわかりませんが
ちゃんと信号にはなっている様です

意味は無いですが
バッテリーを”入り”にして
測って見ました
開いているときは11.79v出ました
これはほぼバッテリーの電圧と一緒
ポイント閉じると
変な数字になります

正しく繋げている様です

なぜ火は飛ばないのか?

まだまだ続きそうです

2017年6月7日水曜日

その後のクッシュマン


onjiさんに貰ったコイルの
火が出なくなって

先輩のところに行って
スクーター用のコンデンサーを貰って来たが

繋ぐと
モクモク煙が出はじめ

ヤベッ!!と
offにしたが

パンっと爆発しました

CDIはダメなのね
やっぱり
そしてもう一つ貰って来た
CL72用
繋いだら
やたら熱くなって

やばいかな?とおもいつつ
ちゃんと結線して
ダメ元で繋いだら

火は出ないは
コイルも熱くならない

おや?
6V

ちゃんちゃん、、

ハーレーのコイルでイイんだけどね
バッテリー点火は何十年もやってないので
コイルの予備など持っておりません

今は次のコイル待ち

デス

2017年6月6日火曜日

Telbow

弟クマさんが
革で出来たCharmを作って来てくれた

雨は嫌いだから
ナイスです

販売をそそのかしたので
見かけたら買ってやって下さい

2017年6月2日金曜日

Tillotson carb

Cushmanに付いていたのは
小ちゃいTillotson

だらだらガスが漏れるので
チェックです
こんな可愛いフロートがついています
Lキャブのインターミディエイトみたいな格好の
アイドルニードルと云う
スローかアイドリングか分からない手前のスプリング付きのネジの行った先
メインもニードルになってます
付いて来たクリーナーが
年式違いでチョット苦労しましたが
取り付け完了

結局悪い様な所はありませんでした
フロートのニードルも綺麗で
ちゃんと閉まるし

でも、、
組み上がったら

やはりオーバーフロー

なんだかな〜〜

2017年6月1日木曜日

桃色ナンバー

早速ナンバーを貰って来ましたよ

真剣に申請書類を書いていたら
兄ちゃんが”もう良いです”

まだ車体番号も書いていないのに

”いや大丈夫です”って

チョット待っていたら
ナンバーが発行されました
クッシュマンって書いたのに”フメイ”でした

なんかキャラクターの付いた御当地ナンバーってやつです

”こんなみっともないナンバーいらねーよ!”
”普通のピンク持ってこいよ!”

なんて言ってません
あたしは大人なんで
黙って貰って来ました

因みに本当の排気量は、、、なんですが

間違いなく原チャリより遅いんで
許してください

2017年5月31日水曜日

Cushmanエンジン音

エンジン音の動画

途中で回転が上がっちゃって
動き出しちゃう!と慌てているところ

あ〜あ止まっちゃった、、と思っていたが

後でガス欠と分かった

もう一度と思ったら

今度はバッテリー切れ

う〜ん

-

2017年5月30日火曜日

初乗り記念日

onjiさんがコイルを持って来てくれたので
バッテリー点火で始動を試みる
当たり前ですが
バッチバチ火が飛びます

なんだかんだ
あ〜だこ〜だ
なんじゃ〜かんじゃ〜

二人で大汗をかいて

エンジンがついに
そして

乗ってみました
すぐ止まっちゃって
そうでもないんですが

なんとなく感覚は
予想より速いような
でもやっぱり遅い

動画はそのうち

ナンバー取りに行かないと

2017年5月29日月曜日

電動ドライバー

今日特別やりたいこともなくて
先日Cushmanのライト位置を変える時に
ピクリとも動かなかった電ドリル
ボーリングで大活躍して
寿命かなとも思いつつ
チョット診てみるか
モーターの中からコロンと
この抵抗みたいなものが出て来ました
一つの端子に同じ物がついています
そして
アースが取れたような跡も
ハンダ付けしてみることに
なんか付いたみたい
無事直りました

とさ

2017年5月24日水曜日

Custom

ヘッドライトの位置を移動してみた
VESPAのフェンダーライトが好きでやってみたが
どうだかな
このライト
ただのボロのようだが
純正らしい

2017年5月23日火曜日

出でよ!火!

スーパーコンデンサーを付け
ポイントギャップを指定の0.020から0.015に詰め
掃除して

これでどうだぁ〜〜


やはり火は出ません

ただキックを使わなくても
プリッと回せば
毎回ビリッと来るんです

やはり磁力かな

まだまだ続くらしい

2017年5月22日月曜日

散歩

やっと川越から出ました
70km/h巡行はクリアー

だけど
あまり回転を上げたくなくて

スタートはカブにも抜かれました

そして

今度はリアから煙が、、、

ま、いいか

2017年5月21日日曜日

ブレーキケーブルが、、

リアホイールを組んでいたら
ブレーキケーブルがどうしても入らない

アジャスターもないし
一体どうすれば良いんだろうと

外してみた
ダラーンとしたまま組んでみたら

ブレーキ
スッカスカ

なんだホースを張れば良いんだと
ネジで止めるだけ
あとは調整をしながら
張ったら

ばっちし

ただ
ケーブルがほつれていて

新しいのを買わなきゃな

2017年5月20日土曜日

Cushman タイヤ交換

タイヤも来たので交換しておこうかな
で、まずは青いのを取らないと
いい感じ
4.75x7.75と云うへんてこりんなサイズです
cushmanと書いてあります
専用タイヤですね

タイヤを綺麗にして気合を入れたところで
古タイヤ外し

の前に
ホイールベアリングのレースの打ち替え

これがなかなか大変だった
まず片側はプレスは使えないし
ひっぱたいて
ひっぱたいて

ついでに手も打って

痛くて

でもひっぱたいて

なんとか出来ました

そして
古タイヤ

まず耳落としが大変かと思ったら
ペコンと取れました

いろんなタイヤレバーを試しましたが
無理

ホイールをバラすことにしました
あっさり取れました
簡単、簡単
合わせがベコベコで
チョット叩いて合うようにしてから
錆止めがどこかにあったな?と探したらすぐ出て来たので
塗ってやりました

良いんじゃないの〜

ベアリングも替えたしね